2017年10月23日月曜日

James Donkey 610 Mechanical Keyboard with OUTEMU Switch - RED SWITCH BLACK 製品レビュー

 James Donkey 610 Mechanical Keyboardレビュー

610の概要

610の性能

・メカニカルキーボード
・赤軸
・オーテムスイッチ
・対応OS:Windows7/8/10
・GearBest標準価格:5,000円前後(税別)
・日本の通販だと倍以上の値段です。
JamesDonkey610のキーボードはオーテムスイッチ搭載の赤軸キーボードです。

James Donkey 610の使用感



JamesDonkey610の実際のプレイ動画





JamesDonkey610の良い所

JamesDonkey610は、値段がミドルながらも機能面やデザインがしっかりしているところです。

キーボードのイルミネーションやオーテムスイッチ搭載なども非常に良い点です。
さらに、腕おきなどが付いているのも良いですね。

赤軸なので、キーボードのタッチ音があまりしないのも良いかもしれません。

JamesDonkey610の悪い所

JamesDonkey610の悪い所は、キーボードスタンドが勝手に倒れてしまったりする所です。
動画内でも説明していますが、何度かクラン活動中に使用した所、キーボードの配置を直そうとしてキーボードを動かすと勝手にスタンドが倒れてしまったりします。

日本語配列ではないのも良い点ではないです。日本人以外なら問題ではありませんが、日本語配列に慣れている日本人はかなり使いにくく感じると思います。
実際僕も、日本語配列に慣れていたので、現在使っているキーボードに慣れるまでは結構かかりました。

キーのタッチ感覚は、青軸のような機械的なカチカチ音などはしません。個人的には、青軸や今現在使っている白軸の音が好きなので、ちょっと残念でした。

JamesDonkey610の総評

値段のが安い割には、とても良い性能ではありました。しかし、スタンド面だったりキータッチの感覚などで人を選ぶキーボードだと思います。
後、日本語配列じゃないキーボードなので、事前に触ってキータッチも確認しそれで大丈夫あれば使ってみても良いと思います。

関連リンク


2017年8月21日月曜日

【TrustGaming】GXT170 Heron RGB Mouse製品レビュー【いとっちゃん】

GXT170 Heron RGB Mouse レビュー

GXT170の概要

GXT170の性能

・光学式センサー搭載(オプティカルセンサー)
・DPI500~7000(200刻み)
・リフトオフディスタンスを調整可能
・LED RGB搭載(レインボーウェーブ機能有り)
・トラッキングスピード:80ips
・オンボードメモリ搭載
・最大5つまでプロファイル可能
・7個のボタンアサインが可能・マクロ設定が可能
・ボディ側面ラバーコーティング
・生体磁気センサー機能搭載
・手が触れた時にだけRGBを転倒させる事が可能(エンジン側で設定が可能)
・対応OS:Windows7/8/10
・標準価格:5,980(税別)

赤字で付けた部分はとても大事な所です。

リフトオフディスタンスは、どのマウスでも調整できるわけでなく値段が万近い物や超える物ばかりに機能が付いています。

しかし、GXT170は約6,000円とそこまで高くない所が良いですね!


GXT170の使用感



GXT170の実際のプレイ動画




GXT170の良い所

GXT170は、値段がミドルながらも機能面が豊富である事です。リフトオフディスタンスの調整や、RGBの変更など様々な部分が変更できます。

そして、ラバーコーティングも他社のマウスと比べると今まで一番フィット感があり、とても良い印象でした。

GXT170の悪い所

GXT170の悪い所は、トラッキングスピードの性能が低い所です。

トラッキングスピードの性能が低いと、マウスの移動速度が速さに付いてこれずセンサーが感知しなくなります。

そのため、僕のセンシ(振り向き22.4cm)ではセンサーが追い付いてきません。

GXT170は、ミドルセンシやローセンシには不向きです。なので、ハイセンシユーザーにオススメできるマウスです。

GXT170のエンジン

基本的には全て英語で表記されています。このエンジンからWindows感度やリフトオフディスタンスの設定、DPIなど全て変える事ができます。

簡単な英語が読める方であれば、難なく設定できると思います。

GXT170の総評

GXT170の機能面はとても豊富で良かったです。RGBの細かい設定やリフトオフディスタンスの調整など。

しかし、トラッキングスピードの性能が低いので、とてもネックです。

FPS以外にもMMOやTPSなどには十分使える性能なので、そちらに使うのもありだと思います。

関連リンク


2017年8月8日火曜日

GXT628 (スピーカー) 製品レビュー 【TrustGaming】

GXT628の製品レビュー

この記事では、GXT628(Trust Gaming GXT628 2.1 llluminated Speaker Set Limited Edition)について紹介しています。良質なスピーカーを知りたい、ちょっと高いスピーカーってどんなのだろうという方は、ぜひこの記事をチェックしてください!

GXT628の概要

GXT628商品情報

  • 画面サイズ:16インチ
  • ワット数:120 W
  • 寸法:41.2 x 25 cm
  • 重量:6kg

GXT628の特徴

  • 木製キャビネット、120Wのサブウーファー
  • 振動するLEDイルミネーション付き
  • ヘッドフォンとタブレット、スマートフォンの接続も可能な音量コントローラー
  • 深みのある重低音、高音質でそれらを調整可能
  • PC、Wii、Sony PlayStationとXbox360、TVにの互換性があります

実際の使用感


GXT628の良い所

GXT628は、とても低音が気持ち良く聞こえます。高音の中にしっかりと低音が混ざって響いてくる感じは、とても気持ちが良いものでした。

さらに、GXT628をサウンドカードと組み合わせる事によって、イコライザーの設定にて自由に調整する事が可能です。

自分好みに調整できるのも、GXT628の素晴らしい点ですね。

GXT628の物足りない所

LEDをON/OFFをエコモード無しで出来るようにしてほしいですね。就寝時、部屋を真っ暗にしたい方には、エコモードを付けて一旦電源をオフにするか、エコモードを付けて自動で消えるまでまたないといけないのは、惜しい所です。後は、Bluetooth機能などもあれば文句なしでした。

GXT628のまとめ


ライトユーザーにオススメ

GXT628は、値段は1万円を超える高価な物です。なので、音質をそこまで気にしない方なら僕が比較対象としていたような、安価なスピーカーでも良いのかと思います。

しかし、GXT628は、値段相応以上に音質は良いです。実際に音質にうるさい友人に聞いてみた所「1万円ちょっとでこれなら良い方だ」と言っていました。

多少高価でも良いから、高いスピーカーで音楽などを聞いてみたい!という方にはオススメの商品です。


関連リンク




2017年7月15日土曜日

【超軽い!】WEBROOT Secure Anywhere 製品レビュー【いとっちゃん】

WEBROOT Secure Anywhere 製品レビュー

この記事では、WEBROOT Secure Anywhereの製品について記載しています。WEBROOT様からサポート受けている筆者が、1ヵ月間使用した感想と結果を紹介します。
WEBROOT Secure Anywhereについて詳しく知りたい方やゲーマー向けのセキュリティソフトなどをお探しの方は、ぜひ参考にしてください!

WEBROOT Secure Anywhereの製品概要

WEBROOT Secure Anywhereは、PCに負荷を掛ける事なく、ウィルスやスパイウェア、その他オンライン脅威に対する保護をしてくれます。高速スキャンと脅威の削除機能によって、マルウェアをすばやく簡単に排除します。

WEBROOT Secure Anywhereを使用することで、PCと個人情報が保護された安全な環境で、ネットサーフィンやオンラインでのファイル共有、ショッピングなどを安心してご利用できます。

WEBROOT Secure Anywhereの使用感

筆者が初めてWEBROOT Secure Anywhereを使用した時非常に衝撃を受けたのは、セキュリティソフト初心者でも簡単にPCと個人情報を保護できることです。

筆者は昔、マカフィーやウィルスバスターなどを使用していましたが、ややこしい設定やネットでしっかり調べてからではないといけなかったので、難しい印象を思っていました。

しかし、WEBROOT Secure Anywhereは、初心者でも簡単に扱えて難しい設定も無いので安心して利用できます。

そして、WEBROOT Secure Anywhereの素晴らしい点は、非常に軽い!

筆者は、セキュリティソフトを立ち上げている事を度々忘れてゲームをするくらいゲームプレイを邪魔しません。なので、とても快適にゲームプレイができます。



上記の画像は、WEBROOT Secure Anywhereのスキャン画面です。個人差はありますが、筆者の場合はおおよそ1分半くらいでスキャンが終わります。
スキャンが終わるとスキャンした結果が出てきます。こちらで脅威のある物が見つかると、削除してくれたりします。

このように非常に手軽で初心者にオススメのセキュリティソフトです。

まとめ

WEBROOT Secure Anywhereは、初心者に扱いやすいだけでなくゲーマーのプレイ環境を邪魔しないセキュリティソフトです。ゲームをしている方やセキュリティソフト初心者にはとてもオススメのセキュリティソフトです。

関連リンク

2017年7月7日金曜日

GXT 213 USB HUB & MOUSE BUNGEE【TrustGaming】製品レビュー

GXT 213 マウスバンジー

GXT 213 マウスバンジーの概要

・柔軟性のあるマウスバンジーアーム
・2.0USBポートが4つとLEDインジケーター付き
・マウスバンジーのアームが取り外し可能
・LED機能をスイッチでON又はOFFに設定可能
・値段:¥3,326(amazon)

※動画内で、¥2980と言ってましたがamazon側で値上がりしたため3000円弱になっています。

GXT 213 マウスバンジーの使用感


1ヵ月ほどGXT213マウスバンジーを使わせて頂きました。率直な感想は、とても使いやすいです。

今まで僕が使用していたマウスバンジーは、マウスのコードを纏めるだけの機能でした。しかし、GXT213は違います。GXT213は、USBポートが4つ付いているので、自分が使用するデバイスを纏めることができます。僕は、キーボード、マウス、ヘッドセット、USBメモリなどを挿して現在は使用しています。

さらに、マウスバンジーアームが取り外し可能なので、好きな場所(3箇所)に取り付けることができます。

僕は、GXT213をゲームに使用する目的だけでなく、仕事などにも非常に役立つ考えております。オフィスのデスクにこれを置いておくことで、必要なコードを1箇所に纏めれてスッキリとしたデスク環境にすることも可能です。

ゲームのプレイ環境を整えてくれるだけでなく、仕事の効率化などにも役立てるGXT213は、絶対持っていた方が良い製品だと思います。

GXT 213 マウスバンジーのまとめ



GXT213は、ゲームだけでなく仕事にも使えるとても優秀な製品です。さらに、多機能なのにオフラインなどにも持ち運べるサイズでありながら値段を低コストで抑えているので、まだ持っていない方にとてもオススメできる製品です。

関連リンク

2017年7月4日火曜日

GXT 363 7.1 BASS VIBRATION HEADSE 製品レビュー

GXT 363 7.1 BASS VIBRATION HEADSE


ゲーミングヘッドセットとして販売されている、GXT363について紹介しています。どんな性能なのか、使い心地はどうなのかを知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

GXT363の概要

接続とサラウンド

・USB接続(2.0)
・7.1チャンネル

その他

・リモートコントローラー/有
・ボリュームコントロール/有
・サウンドミュート/有
・マイクミュート/有
・ケーブルの長さ/30cm
・LED(青)


GXT363の使用感


GXT363は、音の種類がとてもハッキリ聞こえやすく低音は、低音でハッキリ聞こえるだけでなく3段階で振動も設定できます。高音は、高音でしっかり入ってくるので、同時に音が発生しても分かります。
僕は、片耳が聞こえないのですがそれでも音の違いはハッキリ認識できる程でした。

1万円しない値段でこの性能であれば、他社に負けないのではないかと思いました。
さらに、デザインもカッコよいだけなく耳のクッション部分やハンズフリーなど様々な便利機能も備わっています。

しかし、ドライバーでイコライザー設定が出来なく(amazon上の画像では設定画面があります)、まだまだ日本人が扱うには難しい面があるなと思いました。上述した理由で、イコライザーの設定でそこまで必要ないんではないかと思いました。

GXT363まとめ

GXT363は、性能、値段、デザイン、ドライバー面以外に文句の付けようがないです。1万円以上のヘッドホンを買う以外なら、このヘッドセットを使用するべきではないかなと思いました。

因みに、GXT363のバグでサウンドカードを搭載した状態でマイクを2本以上使用していると、GXT363側のマイクが不具合を起こす事があります。

ゲーマーが使用するヘッドセットの値段は、だいたい9000円前後くらいだと思いますので、何を買おうか迷っている方はぜひGXT363使ってみてください!

関連リンク

2017年7月3日月曜日

Loctek ガス圧式デュアルアーム 製品レビュー


Loctek ガス圧式デュアルアームの概要

ブランド:Loctek
メーカ型番:D5DH
カラー:ブラック
アーム:2本
ガス圧式

Loctek ガス圧式デュアルアームの特徴



ガス圧式なので、スムーズな調節や自由な位置へ固定できます。ケーブルカバーもついているので、デスク周りを更にスッキリさせることが可能です。

自由に場所を調整できることで、首や目、背中の苦しみなどが緩和されます。お好みの位置で固定できるのはとても良いです。

職場などで使用する際は、画面を他人へシェアして、画面の眩しさなどを減少させてくれます。

取り付け方法が2種類あり、お好みの取り付け方やデスク環境に適した方法で取り付けることが可能です。

Loctek ガス圧式デュアルアームの実際の使用感



私は、縦と横に並べて使っております。組み立てについては、説明書をしっかり読めば簡単に組み立てることはできますが、製品が重いので2人以上で作業する事を推奨します。

数日間使用した感想は、非常に良いと思える製品でした。

始めは、どの位置で画面を固定するかなどで苦労しましたが、いざ取り付けて実際に使っていると非常に便利で使い勝手が良いです。そのため、首や肩の疲れが以前ほど感じられません。

ケーブルカバーが付いているため、デスク周りもスッキリできてゲームプレイも快適です。

デザインは、シンプルな黒色で構造もしっかりしているので長期的に使えると思われます。

Loctek ガス圧式デュアルアームのまとめ

いかがでしたでしょうか?ガス圧式デュアルアームは、シンプルなデザインですが、構造はとてもしっかりしており、自由度が高くゲームプレイをする上で快適な環境作りを手助けしてくれる製品です。

デスク環境でゲームプレイしている方で、まだデスクアームを体験したことのない方は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょう。

関連リンク